カレンジュラ・まどか

FAVORI STAFF BLOG

艶のある鮮やかな花びら、グラデーションがかかった花色

品種によって花の形もそれぞれ違いがあったりして・・・

まるで伝統工芸の熟練の職人が作った工芸作品のようですなぁ~(←うっとり)

「まどか」の名がつくこの花は、キク科のキンセンカの仲間なんです。

キンセンカといえば、昔から畑なんかによく植えられているお花だし、
なんとなく素朴なイメージなんですけど・・・

でも、この「まどか」には大変オシャレな名前がついているのです。

アーモンドミルク、オレンジバームクーヘン、レモンマドレーヌ、チーズトルテ・・・

他にもあったけど忘れてしまいました(^_^;)

これ、全部まどかの品種名なんです。なんだかちょっと楽しくて美味しそうでしょ?

秋に植え込んで、夏手前まで長く楽しめる優れもの!
おまけに手間いらずでモリモリ育つ丈夫な子です。
昔ながらのキンセンカは一年草ですが、まどかは多年草。
夏を上手に越すことができれば、毎年楽しめます。

何より、私がこの花を好きな理由は・・・
真冬の寒い中、鮮やかな黄色が気持ちを明るくしてくれるから。
冬から春に移り変わるこの季節・・・庭に彩りを与えてくれる貴重な存在です。

ひとつだけ気になる点は、日陰だと花が開かないことくらいでしょうか・・・
曇りの日は閉じたままお休みしてしまいます。
その他に気をつけることは、ひと株で直径30㎝くらいの大株に育つので
株と株とのスペースを開けて植えることくらいかな?

マイナス点をひいてもなお、お勧めしたい!
花柄摘みなんてしたくなーい!というめんどくさがり屋さんにもお勧めですよ。

OMORI ATSUKO

ちょっとお花のイイ話や日々の雑感を面白く書ける文豪。 野鳥に詳しく鳥を愛するファヴォリのガーデナー。 菜園から松剪定まで当社で一番植物に触れている一人です。...

プロフィール

関連記事一覧