バラの芽かき作業~より良い花を咲かせるために~

FAVORI STAFF BLOG

バラの芽かき作業をしてみました。

同じ節からいくつも芽が出ています。

今回は黄色の丸の部分を間引きました。

今なら爪で少し引っ掻くとポロリと取れます。

上の写真のように同じ節かららいくつも芽が出ている場合や、

芽が内側に出ていてこのまま伸びると枝が交叉する場合などに

あらかじめ芽を摘んでおくと良いでしょう。

どうしてもやらなくてはならないわけではないのですが、

やっておくと

日当たりと風通しが良くなって、病気にもかかりにくくなります。

枝が伸びてきてからやろうと思うと、

トゲの出た枝の中に手を突っ込むことになりますしね(*_*)

「バラの芽かき作業」=「バラがより健康に育つかもしれない作業」

かもしれない・・・ので、絶対やらなきゃならないわけじゃないです。

リスクもあります。

調子に乗って芽を取り過ぎると、葉が少なくなって光合成がじゅうぶんにできなくて

結果として花が少なくなってしまう場合もあります。

寒の戻りで残した芽が枯れてしまってがっかりする場合もなくはない。

本当ならもう少ししっかり葉がでてきてからやった方が安全です。

今の時期だと芽が小さいので、簡単に取れすぎて残したい方まで取れちゃった!ってこともありますしね。

具体的には2~3㎝くらい葉が伸びてきたくらいが適期。

それくらいまでなら手でむしれますよ♪

Writer:OMORI ATSUKO

関連記事一覧