ポイズンリムーバーのすすめ  Writer:OMORI ATSUKO

  • follow us in feedly

造園の仕事をしていると、どうしても蜂とか毛虫とかヘビとか・・・(*_*)

まぁいろんなものと出くわすことが多いのですが・・・

この仕事を始めた当初、大先輩の職人さんから、

「あの時は何箇所も蜂に刺されてよぉ~、大変だったんだわ~」

みたいな武勇伝の数々をさんざん聞かされて、

怖くなった私はポイズンリムーバー(毒の吸い出し機器)を持ち歩くようになりました。

今思えば、私をからかって大げさに話していた部分もあったかもしれませんが
仕事に行く時と、趣味の野山散策&バードウォッチングの時には持ち歩くようにしています。

使い方はとっても簡単⇓⇓⇓

SN3S3609

刺された箇所にくっつけて、グイッとポンピングするだけです。
そうすると圧力がかかって、毒が吸い出されるという仕組みになっています。

 

これ、長年持ち歩いていますが、
間抜けなことに自分が蜂に刺された時には荷物に入れ忘れており
使ったことは一度もありませんでした(^_^;)
ちなみにアシナガバチに刺されたことはありますが、
手はパンパンに腫れたものの数日でなんとか治まりました。

 

でも、先日初めて活躍する機会があったのです。
一緒に働いていた人が、「ウワー、やられたっ」と大きな声をあげたので
蜂だな!ととっさにポイズンリムーバーを取りに走り、
刺されたところの毒を吸い出してみました。

3箇所かやられていたので、結構時間をかけて何度も吸い出し・・・
後は水で洗って様子を見ることに。
手は腫れてきましたが、本人は結構平気そう。

「アシナガバチだったの?」と聞いたところ、

「一瞬のことだったでよくわからん」との返答。

 

でもしばらして・・・彼が作業していた木の側から、
なんとキイロスズメバチの巣が見つかったのですよ。

「ちょっと!!!もしかして、さっき刺されたのってスズメバチなんじゃないの?」

と問いただすと

「わからん、そうかもしれん・・・なんかそんな気がしてきた」とか言ってるし・・・

「えええ?大丈夫なのっ?」

と、スズメバチに刺されたのかと本気で心配しました。

人それぞれ、体質の違いもありますし、
たくさんの蜂に何箇所も刺されるのと、1匹の蜂に数か所刺されるのとでは症状も違うはずです。

彼は「1匹に三ヵ所刺されたんだ」と言っていましたが、

スズメバチなのかアシナガバチなのかもよくわからなかったようですし、
この種類の蜂にこの程度刺されたなら大丈夫だとか・・・
素人が判断するのは危険だとは思います。

刺された本人は大丈夫大丈夫と言っており、

結局夕方まで一緒に仕事をしましたが、

やはり心配だったので病院に行くことをすすめて別れました。
気になって翌日連絡してみたところ、「大丈夫だった。病院に言って飲み薬をもらったしね」とのこと。
結局、手は少し腫れたけれど大事には至りませんでした。

今まで、ポイズンリムーバーを試してみる機会もなく(ないほうが良いにきまってますが)
これってほんとに効果があるんだろうか?と半信半疑でしたが、

刺された本人の様子からして・・・

ポイズンリムーバーで毒を吸い出した効果があったように思います。
全部の毒を吸い出すことは無理でも、症状が軽減できるということかなぁ。

ちなみに、実際に使ってみると毒と一緒に血液も多少吸い出されます。
ポイズンリムーバーは基本的に何度も使用できるようですが、
使用後は衛生面に気を使った方がよさそうです。

実物の大きさはこのくらい⇓⇓⇓

SN3S3611

安いものでドラッグストアなどで1000円前後から購入できます。

SN3S3613

とても軽いので荷物に入れておいても邪魔にはなりません。

もちろん使用せずに済むように気をつけることが一番大切ですが、

夏から秋にかけては蜂に遭遇する機会も多いので、庭仕事だけでなく、野山に出掛けられる時などにも

もしもの場合の為に持っておくと安心かもしれませんね。

私も仲間たちにすすめようかなぁと思っています。

Writer:OMORI ATSUKO

attyan

よろしかったらクリック・・で女子は元気でるんです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 季節の花へ

  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る