ウッドフェンスとウッド棚の定期塗替え 名古屋市緑区 Y様邸

お庭のメンテナンス・補修

天然木のエクステリアは定期塗替えで耐用年数が大幅に伸びます。

Works:Sugio Kiyoshi / Omori Atsuko

名古屋市緑区 Y様邸  そろそろ木製品の痛みが・・という事で塗替えです

綺麗だった木目の飴色もベンチの濃い目のブラウンも剥がれてきてました。

施工からちょうど2年が経過して最初の塗替え時期としては最適な頃。

1日かけて傷んできた天然木製品を蘇らせます。

※写真クリックで拡大
古い塗料の剥離作業

まずは古い塗料や表面の汚れなどをヤスリやブラシで剥離してゆきます。これが結構、力が要りますし時間もかかりますが大事な作業です。

ウッド棚の塗替え作業中

その後は水で剥離したカスを洗い流して乾燥するまで待ちます。その後に塗替え作業に入ったところです。

塗替え前のウッド棚

塗替え前の状態です。

塗替えて綺麗になった木目

こちらが塗替え後の木目が綺麗に飴色に戻った状態。

塗替え作業中のベンチ

私はベンチの塗替え中。

木目が蘇ってきたガーデン棚

ガーデン棚も完成まじかです。やっぱり木目が綺麗だと日差しに映えます。

ガーデンベンチの隙間も塗装中

ベンチは細かい隙間などが多いので細い刷毛を使って塗り込んでゆきます。

ウッドフェンスも綺麗に塗替え

ウッドフェンスはまた違った色を配合して黒っぽくしました。少し時間が経つとグレーに近くなります。

ハンドメイドプランターも塗替え

こちらは表にあるハンドメイドて造った大型の木製プランター。これも塗り替えました、少しグラデーションを残すようにしました。

お庭全体のウッドが蘇りました

お庭全体のウッドの色が蘇りました。今回の塗替えは塗料を3色用意し塗る個所に合わせて配合を変えて色を造っての塗替えです。

来月は植物の定期管理が待っています。

植物の定期管理後の様子 ⇒ その後の杉古材を多用した男前庭の様子

各種施工例

お庭スタイルから

お花・植物・樹木

関連記事一覧