欧州テイストなアンティークなベージュ系方形石

ガーデンデコレーション

高台のお庭は朝日も夕日も素敵な景観です・・。

Garden Design:Sugio Kiyoshi
Works:Kishi Kenuke / Takumi Makiko / Sugio Kiyoshi

名古屋市天白区 T様邸

中古物件を購入されたお家族のリビング前のお庭を素敵な石材で欧州テイストに・・というご依頼でした。
夏は子供達が水で遊べて既存の樹木や花壇も楽しめるお庭にデザインしました。
想像以上に素敵なアンティークな石材タイルに子供達にも納得いただきました。

使用石材:硬質石灰岩
使用サイズ:20cm角、20cm×40cm
色:アンティークベージュ
既存樹木:シマトネリコ、シラカシ、ハナミズキ
植栽植物:アジュガ、セダム、ハツユキカズラ、ワイヤープランツ

足元にはクルミの殻でデコレーション

完成した状態の石材タイルと花壇。
花壇部は50cm程度の幅で樹木は既存のシマトネリコ、シラカシ、ハナミズキを剪定してます。
植物はアイビーを残し・・ワイヤープランツ、アジュガ、ハツユキカズラ、セダムを新植。

施工前のお庭

施工前の状態。
おそらく芝生があったようですがすっかり薄くなってアイビーと雑草に覆われていました。

剪定前の樹木達

剪定前の樹木。
シマトネリコは伸びすぎて頭が大きくなり、カシは枝が混みあっていますし今年伸びた枝もビュンビュンです。

ベース打ち後のタイル張中

基礎後の石板張り。
地面を固めて砕石で固めた後にベースを打って乾燥後に開始した石張り。

アンティークな石材タイル張

排水升調整後の石張り。
花壇より床を上げるのと排水の為に傾斜をつけて石を張ってゆきます。

タイル張直後の状態

石張り完了。
一通り石張りが完了です・・後日乾燥させてから目地を入れてゆきます。

目地入れ直後の状態

目地入れ完了。
あまり目立ちませんが目地が入りほぼフラットな床になってます・・目地の色も薄いグレーで乾燥すると白い石板が綺麗に見えます。

剪定前の樹木

剪定前の状態。

次のページでは、この樹木達をすっきり形よく剪定して綺麗な樹形にしてゆきます。

関連記事一覧