杉古材の質感が溢れる武骨な秘密基地的裏庭 名古屋市緑区 Y様邸

ウッドフェンス・デッキ

木材それも杉の古材を多用したお庭・・テーマは「武骨だけど懐かしい」
そこで面白いもの沢山造らせていただきました

Garden Renovation Design : Sugio Kiyoshi / Plants Coordinate : Takumi Makiko

名古屋市緑区 Y様邸 裏庭ガーデン・リノベーション

奥様の故郷の家・・木材の温もりを感じる庭、古材で懐かしいけれど武骨なお庭というご依頼でした。
中古の住宅を購入され室内は素敵にリノベーションが施されとてもお洒落な空間でした。
その室内のテイストを残しつつも・・特徴のあるお庭のデザインを考えさせていただきました。最初にお伺いした際には鉄骨系の廃材が沢山あり木の気配は殆ど無かったのですが・・杉古材を受注生産で大量発注し廃材も生かすようなガーデンリノベーションで武骨感と懐古感の両立を図りました。
その他にベランダの施工と特注プランターの制作もあります。

※写真クリックで拡大
お庭で寛ぐ奥様

完成したお庭で寛がれる奥様。
お仕事で大変忙しくされているのでこのお庭で一時でも癒されてくれたら・・。

お庭で寛ぐ奥様2

このベンチからお庭全体が見えます。
正面にはイロハモミジがあり秋には紅葉が楽しめますよ。

お庭で寛ぐ奥様3

地面は下草が沢山あります。
まだ植えたばかりですが・・4種類程のグランドカバーを使ってます、成長が早い品種もあり年末には緑で覆われます。

ウッドフェンス

ウッドフェンスも木の表情が楽しめる。
エイジング処理とワックスでアンティーク感一杯にしました、オブジェも装飾しハンギングも木目が見えるように使ってます。

レンガのガーデンライト

アンティークレンガのライト。
実はこれガーデンライトが仕込んであり柔らかい揺らぐ光が夜に灯ります。上にはジャンク雑貨と奥さが購入した鉢を置いてみました。

中央の植栽空間

自生していた植物。
ベンチ正面の植栽帯は既存のソテツとリュウノヒゲを残しクリスマスローズも移植して使ってます、新植のイロハモミジの下には既存のオタフクナンテンもあり。秋から春まで紅葉が楽しめます。

武骨な幾何学的ガーデン棚

杉古材BOXを大量に使った幾何学的なガーデン棚。
幅も高さも2m以上あり多目的に使えます、どう使うか考えるのもまた楽しいと思います。表面は保護材ペイントとワックスで処理しているため水を弾きます。

多肉が似合うガーデン棚

こんな感じで木材とかブリキは多肉植物などがとても合います。木の質感もとてもいいです。

迫力がある杉古材のガーデン棚

下から見上げるとその迫力がわかります。部屋に造っても絵になりそうです。

擬木の枕木敷

地面には擬木枕木とストーンタイルを使ってベンチ周りとグランドカバーを仕切ってます。また配置そのものがデザインにもなっています。

ガーデンベンチとお庭の景観

お庭を横からみるとこんな感じです。中央の洗面台のとうな場所は昭和初期のモザイクタイルの水場です、まさにアンティーク品!これも棚として使ってます。

クリスマスローズとガーデンベンチ

ウッドフェンス下には既存のクリスマスローズを移植しました。そこからベンチを見た感じです。

裏から見たガーデン棚

リビング正面のケンチブロックとの境界、ガーデン棚の裏にあたる空間も良い感じに植栽されています。

アイアンバケツとセダム

モザイクタイルの水場にアイアンバケツのプランター・・セダムと黒法師を寄せてみました。絵になりませんか?

ガーデンベンチとお庭の景観2

ちょっと夕暮れのお庭です。昼間とは違った落着きがあります。

お部屋からお庭を眺める奥様

家の中で奥様が一番好きとおっしゃるリビングのキッチン側の窓・・そこからウッドフェンスとレンガライト、モミジなどが目に入るようになっています。

施工別に詳細をご覧いただけます

杉古材の質感が溢れる武骨な秘密基地的裏庭の施工を見る

杉古材板の温もりが溢れるベランダのリノベーションの施工を見る

杉古材板のハンドメイド大型プランターの施工を見る

杉古材板の幾何学BOXガーデン棚の施工を見る

エイジングで造るウッドフェンスの施工を見る

ガーデンリノベーションで蘇ったアンティークなモノ達の施工を見る

外部ブログ記事:リノベーションの参考にしたい家

各種施工例

お庭スタイルから

お花・植物・樹木

関連記事一覧