その後の石とウッドのナチュラルガーデンの様子 名古屋市緑区 A様邸

その後の様子

伸びすぎのシラカシ

今度はエントランスにある花壇2つを紹介。
まずシラカシが大きくなりすぎて車の駐車に支障が出ているので伐採してナチュラル花壇にします。

シラカシ伐採後の花壇

あのボーボーがこんなにコンパクトな花壇になります。

すっきりした花壇

後日、クルミの殻を増量してますので地表がもう少し覆われてます・・クリスマスローズも追加で植えました。

施工前のエントランス花壇

もう一つの花壇です。
こちらは雑貨などを飾るスペースとして棚とかポットを置いてます。

リメイク後のエントランス花壇

リメイク後にはウッドでミニフェンスを立てて植栽もすっきりさせてます。

多肉とクルミの殻を追加

新たに多肉植物とクルミの殻で雑草を抑える作戦・・どうなるかな。

こんな感じで施工から3年後のお庭を見てみると経年して魅力が増してゆく素材と植物とのコラボが奏でる・・お庭造りがやっぱり好きだな~と改めて感じます。

3年前の施工当時の様子 ⇒ 石とウッドを多用したガーデンリノベーション

各種施工例

お庭スタイルから

お花・植物・樹木

杉尾 清志

ナチュラル・ガーデン・デザインを中心にしたデザイナー。 ビビットカラーをお庭に散りばめる独自のスタイルを持つ。 都会や住宅地に山のような風景を再現するのが好...

プロフィール

関連記事一覧