その後の石とウッドのナチュラルガーデンの様子 名古屋市緑区 A様邸

その後の様子

ナチュラルガーデンがグレードアップしていました。

Works:Takumi Makiko / Sugio Kiyoshi
Photo:Sugio Kiyoshi

3年前に施工させて頂いたナチュラルガーデンのその後・・

フェンスやエントランスの剪定などもお手入れ依頼っもあって植物とお庭の成長を撮らせていただきました。

今回は奥様が出産を控えているというオメデタイ!ニュースも聞けて・・

3年という時間の経過をお庭とお施主様から感じた作業と撮影の様子を3ページに渡ってご覧ください。

3年前の施工当時の様子 ⇒ 石とウッドを多用したガーデンリノベーション

※写真クリックで拡大
3年経過のウッドフェンス

3年も経過すると木の色素が抜けてます。
サーモウッドという木材を使用。形状安定性が高いので全くそり・曲がりはないものの色褪せは仕方ないです。

ペイント後のウッドフェンス

こちらは塗り直した後のウッドフェンス。
あれからガーデニングに目覚めた奥様がハンギングと寄せ植えを沢山造られています。

ジャンクなウッドフェンスの再塗装

ちょっとジャンクなガーデン棚健在。
塗り直すとジャンクテイストが戻ってきました・・鉢植えも増えてイイ感じです。

棚板もジャンクテイスト

汚しがいがある棚。
このサビとペイントの汚しがまたできるなんて感激でした。

アジュガと下草が成長したお庭

ここから植物達の成長をみましょう。
下草がいい感じにモサモサです・・アジュガの花が見頃でイワダレソウも順調に増えてます。

枕木のナチュラルなアプローチ

擬木枕木に下草が絡んでナチュラル感を倍増させてます・・3年前に造ったモルタル造形の立水栓も馴染んでいます。

赤い乱形石張りとナチュラルガーデン

赤とピンクで造った乱形石張りも綺麗に光ってました。

樹木も順調に成長

樹木も枯れずに丁度良い大きさに成長。
オリーブとトキワマンサク2本、クロガネモチもこのあと剪定して丁度良くなりました。

ツワブキとトキワマンサク

ツワブキも大きく成長して増えています。

杉尾 清志

ナチュラル・ガーデン・デザインを中心にしたデザイナー。 ビビットカラーをお庭に散りばめる独自のスタイルを持つ。 都会や住宅地に山のような風景を再現するのが好...

プロフィール

関連記事一覧