赤い乱形石の床で造る防草効果の高いお庭

レンガ・石材

赤系の乱形石とレトロなレンガで敷き詰めました

Design:Sugio Kiyoshi
works:Satake Yuta / Miyamoto Hiromu / Sugio Kiyoshi

やっぱり好きな色に染められたお庭がいいですね

毎年悩まされる雑草対策の依頼から始まったご依頼でした。

家の奥にある10平米程の庭。砂利を敷詰めたり、固まる砂利ものもありますし・・その他にも現在では色んな方法が防草対策として登場しています。今回はせっかく造るなら好きな色に囲まれた床にというテーマで赤系強いものを使う事になりました。

そこで素材は乱形石とレトロなレンガ・・特に赤みの強いものを直接選んで仕入れて施工。立水栓も奥様の背丈に合わせたサイズで愛犬を洗えるようにキッチン型にしました・・表面はモザイクタイルでレトロ感を出しました。

施工面積:約10平米
施工範囲:既存樹木の撤去・乱形石張・水場の移動・立水栓製作(キッチン型)・ミニデッキ製作・ステップ製作・玄関横のフェンスデザイン

見ての通り非常に赤い石を使いました。
縁取りと曲線ラインはアンティークレンガにしオレンジを加えてます。

リビングからの昇降用に小さなウッドデッキを造ってあります。奥に見える物置は既存のものをそのまま使用。

反対側は愛犬を洗えるようにキッチン型の水栓を奥様の背丈と愛犬のサイズに合わせて製作しました。

完成したキッチン型の立水栓。
土台はブロックですが給水部と水受台はモザイクタイルを貼ってレトロ感を出し横面はブリックレンガです。

正面から見るとこんな感じ。木のドアがあって開閉します。

ドアを開くと洗剤や道具を収納できるようになっています。

横からみたミニウッドデッキ。
幅は2m弱の小さなデッキが昇降に重宝しますし椅子にもなります。

高さは40cm弱で上にテラスがあるので雨でも大丈夫です。

正面から見た感じ。
横にある階段らしきものは昇降用にステップになってます。人だけじゃなくて愛犬と共用になってます。

物置側から見たお庭。
全面石張りなのが分かると思います。キッチン型の水栓ですが・・ものは物置の前に樹脂の立水栓があったのを現在の位置に給水管を伸ばして造りました。

玄関横のウッドフェンス。
本当にちょっとした空間ですが気になる場所はありますよね。お施主様にとってはこの場所が気になるスペースという事で・・柱部分に板を囲って縦格子部分に横板のフェンスを貼ってペイントしました。もとは写真を撮ってないのですが・・ふた昔程前のデザインで造られた感じのものでした。

次のページでは施工前と施工中の様子が見れます。

関連記事一覧