化粧砂利を使った自然排水の枕木立水栓 名古屋市名東区 A様邸

ガーデンデコレーション

ユーカリ枕木とコッツウォルドで素敵な水場を・・。

Design:Sugio Kiyoshi
Works:Takumi Makiko / Sugio Kiyoshi

名古屋市名東区 A様邸

寄せ植えの講師もされている奥様のお宅は素敵な花達が沢山飾られていました。

そんな一角に教室としても使用する空間・・そこに素敵な水場をという事で・・。

家の景観に合わせて白系のコッツウォルド(天然石)とユーカリ枕木を使って立水栓を造ることに・・排水はベージュ系の砂利を使って自然排水にしました。

施工前の水場の様子

施工前の状態。
まずは掘削と既存の散水栓の撤去から始めます。

掘削後の給水管処理

給水管の繋ぎ直し。
幅120cm、奥行60cm、深さ30cmと枕木部分の掘削が終わったら給水管を枕木の後ろになるように繋ぎ直します。蛇口は仮留め。

完成した水場

途中経過が無くて・・。
突然完成なんですが・・ここまで3日程経過してます。コッツウォルドの平石を適度に割って・・下は型枠を付けて10cm程囲ってモルタルで壁を作ってます。その上にコッツを張っているので動きませんし周りの土も崩れなくなっています。

二口蛇口

蛇口は二口蛇口。
通常の蛇口とホースを同時に使える優れものです。今はピカピカですが数か月で酸化してアンティークっぽくなってきます。

アンティークな枕木

横に花台としての枕木・・。
2本柱のように立ててもいいのですが・・奥様の寄せ植えなど飾れるスペースにしたほうが利用価値は高いかな~と急遽デザイン変更。

コッツウォルドと化粧砂利

砂利はファヴォリ定番のベージュ系の化粧砂利。
濡れると赤みを増してサビ色も素敵なので水場にはもってこいです。

正面から見た立水栓と花台

正面からみた水場。
ユーカリの枕木はもの凄く硬くて重いですが腐りにくくて無薬品なのでやはり良いですね~。

飾られていた奥様の素敵な寄せ植え。
凄く綺麗だったので・・ここからはフォト魂が抑えられなくなりました。

次ページでご覧いただけます

杉尾 清志

ナチュラル・ガーデン・デザインを中心にしたデザイナー。 ビビットカラーをお庭に散りばめる独自のスタイルを持つ。 都会や住宅地に山のような風景を再現するのが好...

プロフィール

関連記事一覧